ブログ

格安引越しのための梱包 書籍を梱包する際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し業者比較サイトおすすめランキング

引越し侍



引越し価格ガイド



ズバット引越し比較



LIFULL



引越し達人セレクト



梱包の際に気をつけないといけないことは、多岐に渡って存在するのですが、これに関して重要な項目を知ることが、格安引越しのための梱包につながると言っても、決して過言ではありません。梱包をする荷物の中でも、書籍を梱包する際は、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあると言っても良いぐらいです。書籍の梱包に関しては、特に大したことはないと感じるかもしれませんが、実は気をつけないといけない要素もあるのです。これを知っているか否かだけで、格安引越しのための梱包の可否も決まってくると言っても良いぐらいです。では、書籍の梱包では、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。

まず、文庫本を梱包する場合です。文庫本は一見そこまで重さがないように見えることでしょう。しかし、それが言えるのはあくまでも数冊までなのです。文庫本はそこまで大きくないこともあり、1箱のダンボールについつい多くの文庫本を詰め込んでしまいがちです。しかし、いざそのダンボールを持ってみると、非常に重いことに気づきます。実はこれが大きな落とし穴であると言えるのです。

もし書籍を梱包する場合は、書籍の大きさや重さが大したことないからといって油断するのではなく、ダンボールを含めた全体の重さについて考えることが必要なのです。もし自分で梱包したダンボールを持ってみた結果、搬入や搬出が難しいようであれば、ダンボールに積める書籍の量を少し減らした方が良いと考える方がおすすめです。

関連記事