ブログ

梱包についてのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し業者比較サイトおすすめランキング

引越し侍



引越し価格ガイド



ズバット引越し比較



LIFULL



引越し達人セレクト



・神奈川県在住「ダッポ」様(39歳男性)による体験談の投稿です。

梱包した段ボールは注意書きと、どの部屋に運んでいくかといったことを書いてください。
そしてはこの中は隙間ができないように新聞などを詰めていきます。
重いものは小さい箱に、軽いものは大きな箱に入れます。

また、引越しをした後にすぐ使うものはひとまとめにしておくのです。
引越し業者に依頼をするときは、中身を出して行くといったことや、引越し先の間取り図があれば事前に位置を書き込んでください。
自分で梱包をされる時には、引き出しなどが出ないようにして、粘着力の弱いようなテープやひもで縛ってください。
ガラスは事前にはずし、別に梱包しておけば破損の心配がないのです。

布団は1〜2組ずつ風呂敷で包むか、布団ケースに入れてください。
風呂敷や布団ケースもないような場合は、シーツでつつんでみるといった方法もあります。
本は丈夫で小さい箱に分けて入れてみたり、プラスチックの箱に入れおけばよいでしょう。

冷蔵庫は事前に霜とりを忘れないようにしてください。
霜取りについてはコチラのQ&Aも参考になります。
テレビやビデオなどエアーキャップなどでくるんでおけば破損の心配もいりません。エアーキャップの種類についてはコチラのサイトもご覧ください。
パソコンは購入したときに入っていた箱に入れておくとよいでしょう。
購入時の箱が無ければエアーキャップやバスタオルを集めてくるんでおけば大丈夫でしょう。
念の為にデータのバックアップも忘れないようにしてください。ウィンドウズのバックアップについてはサポートページも参考になります。

引越し情報ページ

関連記事