ブログ

引越し業者からの効率のよい見積もりの取り方、活かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し業者比較サイトおすすめランキング

引越し侍



引越し価格ガイド



ズバット引越し比較



LIFULL



引越し達人セレクト



・神奈川県在住「タクサン」様(49歳男性)による体験談の投稿です。

転勤や新築への移動など引越しをする時には、できれば安い料金で楽に、引越しができることが一番に望まれることだと思います。
引越しにおいて悩ましいのが、荷造りと古い家財道具の処分等ではないでしょうか。
このような事が楽にできるように、引越し業者の選定が必要です。

引越し専門の会社はたくさんあるのですが、会社によって特長があります。
大きな荷物を運ぶことが得意な業者。
食器や本等の小さな荷物の箱詰めがムダなく綺麗な業者。
様々な特長や経験を持っていると思います。

このような引越し業者から見積もりを取る際には、細かな要望を提示していくことが、大事なことです。
食器や書籍、日用雑貨等の細かな道具をどこまで荷造りしてくれるのか。
また、自転車やピアノ等、重量物を運んでくれるのか。

このような内容をしっかりと見積もりを取得する前に、条件提示をはっきりと提示しておくのです。
特に、ピアノ等の重量物は単に運べばいいというものではなく、移動中における振動にも気配り、配慮が必要になってくるので、経験豊富な業者が望ましくなります。
ちなみにピアノの運送会社についてはこちらの一覧も参考になります。

また、引越し後の補償が担保されているかも大事なことです。
大なり小なり荷物に傷がついたり壊れたりのいった事が起こり得ます。
その際に、どこまで補償してくれるのかも見積もりの中に盛り込んでもらえるように要求することも必要でしょう。

また、引越し当日に問題が出てくる内容が時折あります。
それは古い家財道具の廃棄です。意外と内容から、抜けてしまうことがあるので、廃棄も最初から見積もりを希望することです。
粗大ゴミの処分に関しては粗大ゴミ比較ナビも活用しやすいサイトとして好評です。
このような諸々の項目を提示して初めて、引越し費用がわかってきます。

見積もりを要求するには1社だけではなく、複数社にお願いすることも大事な事です。
単独だとどうしても比較ができず、費用の交渉をする際にも比較できる材料がないと難しいためです。
このような場合は、最低でも2社は、見積もりを取って交渉できる準備をしたいものです。
そして最終的にどの引越し業者にするのかを絞っていくのです。

便利な情報サイト

関連記事