お得に引っ越しを済ませたいなら、是非こちらをご覧ください。安く見積りを取る方法、賢い業者選びの情報が盛りだくさんです。

引越しの後にやることリスト

list スマートフォンの方で、以下フォームがズレてしまっている方はこちらをタップして下さい。

新居に引越ししたらすぐにやる事

旧住まいから新居へ引越しをしてからが、いよいよ作業の本番だと考えたほうが良いでしょう。
新生活をスムーズ且つ快適にスタートする為に必要なことを順番に解説していきます。

最優先で荷物の確認を

引越し後、やることは色々とあるのですが中にはすぐでなくてもいいものもあります。
まずはとにかく搬送された荷物の確認をしましょう。
必要なものはすべて揃いっているのか、破損したりしていないかなどです。
同時に新居にキズがないかなども見ていきます。
このキズというのは引越し作業でできたキズのことを指しています。
引越し業者もプロですからこうしたことのないように細心の注意を払って作業をしています。
ですがそれでもミスはありえますし、トラブルになってしまうことも決してないわけではありません。

こうした事態への対応は引越し業者がまだ家にいるうちにしてしまった方がいいので、まず最初に荷物の確認をするわけです。
後日荷物の紛失や破損に気付いた場合ではそれが引越し業者によるものなのかがわからなくなってしまい、最悪の場合は補償を受けることができなくなってしまいます。
引越し業者にうちは関係ないと言われてしまえばどうしようもありませんので、引越ししてすぐに荷物、そして新居の状態をチェックするようにしましょう。

ガス会社のスタッフに立ち会う

引越し前にガス会社に連絡をして必要な手続きを済ませておけば引越し当日にガス会社のスタッフが新居に来てくれ、ガス栓を開けてくれます。
勝手に開けておいてくれれば便利ではあるのですが、この作業は契約者が立ち会う必要があります。
何時に来るかも事前に打ち合わせているはずなので時間になったら作業を一旦止めてガス栓を開けてもらいましょう。
こうすることで引越し当日からすぐにガスを使うことができます。

ご近所さんへの挨拶を済ませよう。

すべての作業が一段落したらゆっくり休みたいところですが、最後にご近所さんへ挨拶に行きましょう。
どの辺までがご近所になるのか、これは難しいところですが少なくても両隣には挨拶に行くべきでしょう。
マンションなどの場合は同一階をご近所さんと考えることもできます。

引越しの翌日などに挨拶に行くのも問題ないのですが、引越し当日は荷物の搬入などで騒がしく、ご近所に迷惑をかけてしまっている可能性があります。
やはり当日のうちに挨拶するのが理想的な対応になるでしょう。今後長い間お世話になるわけですから、ご近所付き合いをしっかりしておくことは自分にもメリットがあります。
ご近所さんへの挨拶が済んだら他の作業は翌日以降、忘れないように確実に済ませていきます。
優先順位を付けておくと作業がしやすくなります。

Copyright © 引越し業者ガイド最新版 All Rights Reserved.